Key Word 知識チシキエリア
予  算ヨサン
スケジュール 制約セイヤク条件ジョウケン プロジェクト計画ケイカク策定サクテイ I
契約ケイヤク条件ジョウケン
シンである
現実ゲンジツこる 仮定カテイ条件ジョウケン
プロジェクト計画ケイカク策定サクテイ I
確実カクジツこる
PMチームの指針シシン
体系的タイケイテキなアプローチ
プロジェクト計画ケイカク手法シュホウ プロジェクト計画ケイカク策定サクテイ
標準ヒョウジュンフォーム
テンプレート
のプロセスにおける成果物セイカブツ
プロジェクト管理カンリシステム プロジェクト計画ケイカク策定サクテイ T
統合トウゴウ集約シュウヤク配布ハイフ
プロジェクト憲章ケンショウ
PMアプローチ・戦略センリャク記述キジュツ
スコープ記述キジュツ・WBS 〔随時改訂〕
プロジェクト計画書ケイカクショ プロジェクト計画ケイカク策定サクテイ O
コスト・スケジュールベースライン
シュヨウマイルストーン・リスク
スコープ・スケジュールマネジメント計画書ケイカクショ
設定セッテイしたベースラインにモド
是正ゼセイサク
プロジェクト計画ケイカク実施ジッシ I
フィードバックの
各作業カクサギョウ所定ショテイのスケジュールで
業務ギョウム遂行スイコウ裁可サイカシステム
プロジェクト計画ケイカク実施ジッシ T
タダしい順序ジュンジョノットって
要因に働きかけ
発生ハッセイ確定カクテイ 変更ヘンコウ管理カンリ 変更ヘンコウ管理カンリ  
実際ジッサイ対処タイショ
〔改訂はマレ
スコープ変更ヘンコウのみ
進捗シンチョク測定ソクテイベースライン 変更ヘンコウ管理カンリ  
口頭コウトウ文書ブンショ 直接チョクセツ間接カンセツ
変更ヘンコウ管理カンリ I
外部ガイブ内部ナイブ 法的ホウテキ強制キョウセイ任意性ニンイセイ 変更ヘンコウ要求ヨウキュウ スコープ変更ヘンコウ管理カンリ I
公式コウシキなもの スケジュール管理カンリ
 
承認ショウニン正式セイシキ文書ブンショ変更ヘンコウ手順テジュン
変更ヘンコウ管理カンリシステム 変更ヘンコウ管理カンリ
手順書テジュンショ変更ヘンコウ追跡ツイセキシステム・変更ヘンコウ要求書ヨウキュウショ許可キョカ基準キジュン 〔CCB〕
〔オートマティック・チェンジ〕
機能キノウ物理ブツリテキ特性トクセイ明確化メイカクカ文書ブンショ
機能キノウタイする変更ヘンコウ統制トウセイ
コンフィグレーションマネジメント 変更ヘンコウ管理カンリ
事実ジジツ変更ヘンコウ状況ジョウキョウ記録キロク文書化ブンショカ
変更ヘンコウ機能キノウ特性トクセイたしたか監査カンサ
成果物セイカブツ・サービスの機能キノウ特徴トクチョウ
プロダクトスコープ スコープマネジメント  
完了カンリョウ要求ヨウキュウ仕様シヨウモトづいて測定ソクテイ
成果物セイカブツ生成セイセイするための作業サギョウ
プロジェクトスコープ スコープマネジメント  
完了カンリョウ計画ケイカクタイ達成タッセイ測定ソクテイ
成果物セイカブツ・サービスの特徴トクチョウシメ
成果物セイカブツ記述書キジュツショ プロジェクト I
利益リエキ測定ソクテイホウ
プロジェクト選定センテイ手法シュホウ プロジェクト T
制約セイヤク最適化サイテキカモデル(〜programing)
数学スウガクモデルはノゾく〕   
スコープ記述書キジュツショ作成サクセイ一連イチレン業務ギョウム
スコープ計画ケイカク スコープ計画ケイカク  
共通キョウツウ理解リカイハカ基礎キソ文書ブンショ
進行シンコウシタガ変化ヘンカきたら反映ハンエイ スコープ記述書キジュツショ スコープ計画ケイカク O
正当性・成果物・プロダクツ達成目標
管理カンリ可能カノウなコンポーネントに分解ブンカイ
〔WBS作成サクセイ
・コスト、期間キカン資源シゲン正確セイカク見積ミツモりが可能カノウ スコープ定義テイギ スコープ定義テイギ  
進捗シンチョク測定ソクテイ基準キジュンセン定義テイギできる
作業サギョウ責任セキニン権限ケンゲン明確メイカクできる
 
プロダクツをより管理カンリ可能カノウレベルに分解ブンカイ
作業サギョウ分解ブンカイ 〔成果物対象〕 スコープ定義テイギ
 
WBSを管理カンリ可能カノウなレベルに分解ブンカイ
作業サギョウ分解ブンカイ 〔作業対象〕 作業サギョウ定義テイギ T
成果物セイカブツ計画ケイカク定義テイギされたスコープと合致ガッチイナかを検証ケンショウ
スコープ検証ケンショウ スコープ定義テイギ O
成果セイカ受理ジュリ 成果物セイカブツ検収ケンシュウ
要求ヨウキュウ事項ジコウへの適合性テキゴウセイ 品質ヒンシツ管理カンリ
スコープ変更ヘンコウ引起ヒキオコ要因ヨウイン作用サヨウ
変更ヘンコウ発生ハッセイしたことの確認カクニン スコープ変更ヘンコウ管理カンリ スコープ変更ヘンコウ管理カンリ  
変更ヘンコウ事象ジショウ管理カンリ
作業サギョウをノード、順序ジュンジョをアロー(AON)
プレシデンスダイヤグラムホウ (PDM)
作業サギョウをアロー、接続セツゾクにノード(ANA)
アローダイヤグラムホウ (ADM)
作業サギョウ順序ジュンジョ設定セッテイ
連動レンドウ順序ジュンジョ関係カンケイ条件ジョウケン分岐ブンキ
条件ジョウケンダイヤグラムホウ (GERT)
プロジェクト全体ゼンタイ(サブネット)
標準ヒョウジュンネットワーク(テンプレート)
一部分イチブブン(フラグネット)
後続コウゾク作業サギョウハヤめるためのオーバーラップ
リードタイム
  スケジュール作成サクセイ I
後続コウゾク作業サギョウ開始カイシオクらせる期間キカン ラグタイム
     CPM (クリティカルパス法)
作業サギョウサイソウ/サイオソ開始カイシ/終了シュウリョウの1テン見積ミツモ
GERT  数理スウリ解析カイセキ スケジュール作成サクセイ
          PERT
プロジェクト期間キカン計算ケイサンするためにネットワークロジックと作業サギョウ期間キカンの3テン見積ミツモ
 
クラッシング (作業サギョウ期間キカン自体ジタイ短縮タンシュク
最小サイショウ追加ツイカコストで期間キカンモット短縮タンシュク
コスト/スケジュールのトレードオフ
クリティカルパスにリソースを投入トウニュウ 
ショヨウヨウ期間キカン短縮タンシュク スケジュール作成サクセイ
ファーストトラッキング (作業サギョウ前倒マエダオし)
先行センコウ作業サギョウにオーバーラップ
スケジュールへの変更ヘンコウ結果ケッカとなるように要因ヨウイン影響エイキョウオヨぼす
変更ヘンコウされたことを確定カクテイする スケジュール管理カンリ スケジュール管理カンリ  
変更ヘンコウ事象ジショウ管理カンリ
プロジェクトのベースライン
プロジェクトスケジュール スケジュール管理カンリ
進捗シンチョク状況ジョウキョウ測定ソクテイ報告ホウコク基準キジュン提供テイキョウ
 スケジュールの変更ヘンコウ手続テツヅきを定義テイギ
スケジュール変更ヘンコウ管理カンリシステム スケジュール管理カンリ T
書類ショルイ手続テツヅき・トラッキングシステム
変更ヘンコウ承認ショウニン階層カイソウ 
変更ヘンコウ結果ケッカをもたらすよう予算ヨサンベースラインの変更ヘンコウ要因ヨウインハタラきかける
予算ヨサンベースラインを確定カクテイさせる コスト管理カンリ   コスト管理カンリ  
変更ヘンコウショウじたときに管理カンリする
コストベースラインの変更ヘンコウ手続テツヅきを定義テイギ
コスト変更ヘンコウ管理カンリシステム   コスト管理カンリ
発生ハッセイコスト + コスト効率コウリツ指数シスウ
発生ハッセイコスト + 
スベてのザン作業サギョウタイする再見積サイミツモ
完成時カンセイジコスト予測ヨソク
EAC
  コスト管理カンリ O
発生ハッセイコスト + ザン予算ヨサン
仕様シヨウ合致ガッチ
計画ケイカク達成タッセイ
顧客コキャク満足マンゾク   品   質ヒンシツ  
目的モクテキ合致ガッチ
適切テキセツ品質ヒンシツ基準キジュン設定セッテイ
品質ヒンシツ計画ケイカク   ヒンシツシツ計画ケイカク  
満足マンゾクさせる方法ホウホウ
特性要因図
問題点モンダイテン発生ハッセイ原因ゲンイン様々サマザマ事象ジショウ
フローチャート分析ブンセキ ヒンシツシツ計画ケイカク T
システムまたはプロセスフローチャート
どのような、どこに問題点モンダイテン予想ヨソウされるか
基準キジュン満足マンゾクする確証カクショウキズ
品質ヒンシツ保証ホショウ 品質ヒンシツ保証ホショウ  
遂行スイコウ能力ノウリョク向上コウジョウ教訓キョウクン
定期的テイキテキ 品質ヒンシツ監査カンサ 品質ヒンシツ保証ホショウ T
内部ナイブ監査カンサイン第三者ダイ3シャ監査カンサイン
品質ヒンシツ基準キジュン適合テキゴウしているか監視カンシ
品質ヒンシツ管理カンリ 品質ヒンシツ管理カンリ  
プロジェクトゼンフェーズで実施ジッシ
作業サギョウ結果ケッカ時間軸ジカンジクでグラフィカルに
プロセスが管理カンリされている状態ジョウタイ コントロールチャート
管理カンリされていれば調整チョウセイしない
〔管理されているとは結果の異変が無作為要因であるか特殊要因識別でき、是正策が講じられている状態〕
要因ヨウイン出現シュツゲンスウオオジュンイ表示ヒョウジ パレート 品質ヒンシツ管理カンリ T
関連カンレン母集団ボシュウダン一部イチブ無作為ムサクイ抽出チュウシュツ 統計トウケイサンプリング分析ブンセキ
問題モンダイがどのように発生ハッセイしたか追跡ツイセキ フローチャート分析ブンセキ
実績ジッセキからスウ理法リホウ将来ショウライ予測ヨソク
〔技術・スケジュールパフォーマンス予測〕
傾向ケイコウ分析ブンセキ
役割ヤクワリ責任セキニン報告ホウコク関係カンケイについて認定ニンテイブン書化ブンショカ任命ニンメイする
プロジェクトの開始カイシ段階ダンカイ起案キアン プロジェクト組織ソシキ計画ケイカク プロジェクト組織ソシキ計画ケイカク  
進捗シンチョクオウじて定期的テイキテキ見直ミナオ
組織ソシキ界面カイメン
組織ソシキカン公式コウシキ非公式ヒコウシキ報告ホウコク関係カンケイ
技術ギジュツ界面カイメン
技術ギジュツ部門ブモンカン公式コウシキ公式コウシキな〜
界   面カイメン
(インタフェース)
組織ソシキ計画ケイカク I
人間ニンゲン界面カイメン
プロジェクトナイ人間ニンゲン報告ホウコク関係カンケイ
ダレが、ナニオコナうかという役割ヤクワリ
責任セキニン分担ブンタンヒョウ (RAM)
組織ソシキ計画ケイカク O
ダレナニ決定ケッテイするかの責任セキニン
いつ、いかに要因ヨウイン配属ハイゾクされ、終了後シュウリョウゴニンかれるか
仕事シゴトのない要員ヨウイン無駄ムダ仕事シゴトツクる・早期ソウキアサインによるモラルの向上コウジョウ
ハイイン計画書ケイカクショ
組織ソシキ計画ケイカク O
プロジェクトの管理カンリ報告ホウコク関係カンケイ図式化ズシキカ
組織ソシキ編成ヘンセイヒョウ (組織図ソシキズ
組織ソシキ計画ケイカク O
〔WBSと対応タイオウ
カク組織ソシキ要員ヨウイン組織ソシキ責任セキニン図示ズシ OBS
ダレが、どの情報ジョウホウを、いつ、どのように必要ヒツヨウとするかを特定トクテイする
大部分ダイブブン初期ショキフェーズに実施ジッシ コミュニケーション計画ケイカク
コミュニケーション計画ケイカク  
環境カンキョウ維持イジのため定期的テイキテキ見直ミナオ
情報ジョウホウ要求ヨウキュウ緊急キンキュウ 技術ギジュツ装備ソウビ
ハイインスキルとの関係カンケイ プロジェクトの期間キカン
コミュニケーション技術ギジュツ
コミュニケーション計画ケイカク I
情報ジョウホウ収集シュウシュウ方法ホウホウ保管ホカン方法ホウホウのフロー
情報ジョウホウ配布ハイフ対象者タイショウシャ方法ホウホウのフロー
配布ハイフ情報ジョウホウ内容ナイヨウ
コミュニケーションマネジメント
計画書ケイカクショ
コミュニケーション計画ケイカク O
種類毎シュルイゴト情報ジョウホウ生成セイセイスケジュール
情報ジョウホウアクセス方法ホウホウ
進捗シンチョクトモナうコミュニケーション計画書ケイカクショ更新コウシン改訂カイテイ方法ホウホウ
ステークホルダーに目標モクヒョウ達成タッセイのために使ツカわれた資源シゲンについて報告ホウコクする
現状ゲンジョウ報告ホウコク ・出来高デキダカ報告ホウコク ・予測ヨソク
進捗シンチョク報告ホウコク 進捗シンチョク報告ホウコク  
計画ケイカク期待キタイ実績ジッセキとの比較ヒカク
再分析サイブンセキ
進捗シンチョク改善カイゼンカ悪化アッカかを時間軸ジカンジク吟味ギンミ 傾向ケイコウ分析ブンセキ 進捗シンチョク報告ホウコク T
スコープ、スケジュール、コストの進捗シンチョク同一ドウイツ測定ソクテイ基準キジュン統合的トウゴウテキ把握ハアク
期間キカン予算ヨサン ・実績ジッセキ発生ハッセイコスト ・出来高デキダカ
アーンドバリュー分析ブンセキ
完了カンリョウ手続テツヅきは(重要ジュウヨウ情報ジョウホウ欠落ケツラクしないよう)カクフェーズゴトオコナうが記録キロクとして完全カンゼンソロえて目次モクジつきで作成サクセイ(データベース)するのは終結シュウケツのプロセス
プロジェクト完了カンリョウ記録キロク
プロジェクト完了カンリョウ手続テツヅ O
組織ソシキ個人コジンゴトにリスク許容度キョヨウドコトなる
ステークホルダーのリスク許容度キョヨウド リスクマネジメント計画ケイカク I
方法ホウホウロン役割ヤクワリ責任セキニン予算化ヨサンカ、タイミング
スコアリングと解釈カイシャク敷居シキイ
報告書ホウコクショシキ、トラッキング
リスクマネジメント計画ケイカクショ リスクマネジメント計画ケイカク O
リスクのミナモト事象ジショウ影響エイキョウオヨぼすか特定トクテイ文書化ブンショカする
〔PJ全期間ゼンキカン定期的テイキテキに〕
外的ガイテキリスク
法改正ホウカイセイ天災テンサイトウ統制トウセイ影響エイキョウオヨばない
リスクの特定トクテイ リスクの特定トクテイ  
内的ナイテキリスク
PJが統制トウセイ影響エイキョウオヨぼすことが可能カノウ
定額テイガク請負ウケオイ契約ケイヤク一括イッカツ請負ウケオイ契約ケイヤク
固定コテイ価格カカク役務エキム範囲ハンイ定義テイギ不充分フジュウブン場合バアイ両者リョウシャがリスクを
実費ジッピ償還ショウカン契約ケイヤク
納入ノウニュウシャにかかった費用ヒヨウ償還ショウカン
契約ケイヤク形態ケイタイ 調達チョウタツ計画ケイカク T
損・得ソントク両方リョウホウのリスクがある〕
単価タンカ契約ケイヤク
契約ケイヤクした役務エキム単価タンカにより支払シハラわれる
ブレーンストーミング、デルファイホウ、インタビュー
SWOT
情報ジョウホウ収集シュウシュウ技法ギホウ リスクの特定トクテイ T
特性トクセイ要因ヨウイン、システムプロセスフローチャート、
影響エイキョウダイヤグラム
ダイヤグラム技法ギホウ リスクの特定トクテイ T
オオきいリスクは定量テイリョウ分析ブンセキトウサラなる分析ブンセキとリスクマネジメントが必要ヒツヨウ
発生ハッセイ確率カクリツ影響度エイキョウド
発生ハッセイ確率カクリツ/影響エイキョウリスク評価ヒョウカヒョウ 定性テイセイテキリスク分析ブンセキ T
 
インタビュー
感度分析
テイセイリョウテキリスク分析ブンセキ T
デシジョンツリー分析
シミュレーション
ノゾくか、影響エイキョウけないようにPJ計画ケイカク変更ヘンコウ
回避カイヒ Avoidance
リスクの所有権ショユウケン第三ダイ3シャウツ 転嫁テンカ Transference
リスク対応タイオウ計画ケイカク T
発生確率と影響度を許容キョヨウレベルまでげる 軽減ケイゲン Mitigation
リスクをれる 受容ジュヨウ Acceptance
行動コウドウこすことが出来デキるように詳細ショウサイ
影響エイキョウけるWBSなどエリア、原因ゲンイン影響度エイキョウド
・リスクオーナー
定性的テイセイテキ定量的テイリョウテキリスク分析ブンセキ結果ケッカ
回避カイヒ転嫁テンカ軽減ケイゲン受容ジュヨウ合意ゴウイスミ対応タイオウサク
残余ザンヨリスク程度テイド  ・具体的グタイテキ行動コウドウ
対応タイオウサク予算ヨサン時間ジカン
コンテンジェンシー計画書ケイカクショとフォールバック計画ケイカク
リスクマネジメント計画ケイカクショ リスク対応タイオウ計画ケイカク O
未特定ミトクテイリスク発生ハッセイには6つのプロセスを繰返クリカエ
リスク特定トクテイ分析ブンセキ追加ツイカ作業サギョウ リスクの監視カンシ管理カンリ I
事前ジゼン特定トクテイ known-Unknown
コンテンジェンシー計画ケイカク
〔コンテンジェンシー予備〕
リスクの監視カンシ管理カンリ O
事前ジゼン特定トクテイ Unknown-Unknown 迂回ウカイサク計画ケイカクショ
〔マネジメント予備〕
調達チョウタツヒン詳細ショウサイ記述キジュツしたもの
明確メイカク完璧カンペキ簡潔カンケツ付帯フタイ要求ヨウキュウ進捗シンチョク報告ホウコク調達チョウタツヒンのPJ終了後シュウリョウゴ運転ウンテン支援シエン)も必要ヒツヨウ
役務エキム記述書キジュツショ(SOW) 調達チョウタツ計画ケイカク T
偏見ヘンケンスクなくするための定性的テイセイテキ数量化スウリョウカ
評価ヒョウカ定量化テイリョウカ
ヒトつか複数フクスウアシきり基準キジュン最低サイテイ条件ジョウケン ふるいとし基準キジュン 発注ハッチュウサキ選定センテイ T
独自ドクジ見積ミツモりを作成サクセイ比較ヒカク評価ヒョウカする 査定サテイ見積ミツモ
契約ケイヤク条件ジョウケン調達チョウタツヒン変更ヘンコウ対象タイショウ
契約ケイヤクりの決定ケッテイ 変更ヘンコウ要求書ヨウキュウショ 契約ケイヤク管理カンリ I
変更ヘンコウカカわる係争ケイソウ(クレーム、係争ケイソウ提訴テイソ
契約ケイヤク内容ナイヨウ変更ヘンコウプロセスを規定キテイ
手続テツヅ追跡ツイセキシステム、係争ケイソウ解決カイケツ方法ホウホウ変更ヘンコウ承認ショウニン承認ショウニンレベル
〔変更感知システムと統合が必要〕
契約ケイヤク変更ヘンコウ管理カンリシステム 契約ケイヤク管理カンリ T
調達チョウタツヒン検収ケンシュウ契約ケイヤク完了カンリョウ
契約ケイヤク完了カンリョウ 契約ケイヤク管理カンリ O
今後コンゴ調達チョウタツノチのPJへの参考サンコウ事例ジレイ
契約ケイヤク監査カンサ 契約ケイヤク完了カンリョウ T