文書ブンショ記載キサイ内容ナイヨウ
文  書ブンショ 更  新コウシン 記載キサイ内容ナイヨウ
プロジェクト計画書ケイカクショ 随時ズイジ ・プロジェクト憲章ケンショウ ・プロジェクトマネジメントアプローチ
戦略センリャク記述書キジュツショ ・スコープ記述書キジュツショ ・WBS
・コスト見積ミツもり、作業サギョウ開始日カイシビ遂行スイコウ部門ブモンワリ
・コストとスケジュールの進捗シンチョクリツ算出サンシュツのためのベースライン
シュヨウマイルストーン、スタッフ、リスク 
・スコープマネジメント計画書ケイカクショ ・スケジュールマネジメント計画書ケイカクショ
スコープ記述キジュツショ   ・プロジェクトの正当性セイトウセイ
・プロジェクトの成果セイカブツ
・プロジェクトのプロダクツ 
・プロジェクトの定量的テイリョウテキ達成タッセイ目標モクヒョウ
コミュニケーションマネジメント計画書ケイカクショ   ・情報収集 ・保管フロー ・情報配布フロー
・配布情報の内容 ・情報生成スケジュール
・情報へのアクセス方式
・コミュニケーション計画書の更新・改訂方法
スコープマネジメント計画書ケイカクショ   ・プロジェクトスコープをいかに管理カンリするか
・スコープ変更ヘンコウをいかにプロジェクト遂行スイコウ反映ハンエイするか
     
ベースライン
名  称メイショウ 目  的モクテキ
スケジュールベースライン 進捗シンチョク状況ジョウキョウ測定ソクテイしたり報告ホウコクしたりする基準キジュン
進捗シンチョク測定ソクテイベースライン プロジェクトの全体管理に用いる改訂はまれであり、スコープの変更が生じた時のみ改定を行うのが一般的である 4.1.3.1
予算ヨサンベースライン プロジェクトのコスト実績ジッセキ測定ソクテイ監視カンシするために使ツカわれる時系列ジケイレツ予算ヨサン配分ハイブン 7.3.3.1
管理カンリシステム
名  称メイショウ 目  的モクテキ
プロジェクト管理カンリシステム
PMS
のプロセスにおける成果物セイカブツ統合トウゴウ集約シュウヤク配布ハイフするための情報ジョウホウ統合トウゴウ手段シュダンであり技術ギジュツである
スケジュール変更ヘンコウ管理カンリ
       システム
スケジュールの変更ヘンコウ手続テツヅきを定義テイギ
書類ショルイ手続テツヅき ・トラッキングシステム ・変更ヘンコウ承認者ショウニンシャ階層カイソウ
業務ギョウム遂行スイコウ裁可サイカシステム プロジェクト遂行スイコウにおける各作業カクサギョウ所定ショテイのスケジュールでタダしい手順テジュンノットって実施ジッシすることを認可ニンカするプロシジャー
変更ヘンコウ管理カンリシステム 承認ショウニンみの正式セイシキ文書ブンショ変更ヘンコウするサイ手順テジュンした手順テジュン書類ショルイ統合体トウゴウタイである
   
   
提唱テイショウ理論リロン
理論リロンメイ 提唱者テイショウシャ 理  論リロン
X Y理論 マクレガー X理論
人間は本質的に仕事が嫌いであり、強制や命令を常に行わなければ、十分な力を発揮することはできない
Y理論
人間は本来勤勉であり、納得できる目標や興味を持つような仕事を与えれば、自ら率先して問題解決に努力し、自己責任を持つ
要求ヨウキュウ段階ダンカイセツ マズロー 1.自己実現欲求
2.尊厳欲求
3.社会的欲求
4.安全への欲求
5.生理的欲求
動機ドウキヅづけセオリー ハーズバーグ 衛生学エイセイガク要素ヨウソ (不満フマンフセぐ)
衛生学エイセイガク要素ヨウソ低下テイカすると動機ドウキづけがウシナわれる、ただしたされた環境カンキョウ衛生エイセイガク要素ヨウソ向上コウジョウさせても、ドウづけは向上コウジョウしない
動機ドウキづけ要素ヨウソ
動機付ドウキヅけのプラス要素ヨウソは、自己ジコ実現ジツゲン達成タッセイオヨ経験ケイケン機会キカイからまれる
期待キタイ理論リロン   人間は次の2 つの結果が得られれば、さらに成長したいという動機を持つという理論である。
成功願望:人は自分の努力が常に成功裡に終わると期待している。
報酬願望:自分の成功が報酬に結び付くと信じている。
達成タッセイ理論リロン   ヒト権威ケンイ達成タッセイ認知ニンチ要求ヨウキュウによって動機付ドウキヅけられる。
デルファイホウ デルファイ  
仕様の適合性 ジュラン ステークホルダーや顧客コキャク期待キタイ見合ミアうか、それ以上イジョウでなければならない。
無欠陥
”0”
クロスビー 最初サイショからタダしいやりカタでやる欠陥ケッカン提唱テイショウ
適切テキセツ品質ヒンシツ計画ケイカクがあれば、手直テナオしはスクなく、生産性セイサンセイタカくなる。
PDCA デミング 品質ヒンシツコストの85%はマネジメントの問題モンダイであり、一度イチドその問題モンダイ作業者サギョウシャまでヒロがるとコントロール出来デキなくなる
Plan-Do-Check-Action
対  比タイヒ
名  称メイショウ 相違ソウイ内容ナイヨウ
作業サギョウ分解ブンカイ(スコープ定義テイギ) 完成カンセイまでに実施ジッシされる作業サギョウ
           (プロダクツを管理カンリ可能カノウなレベルに分解ブンカイ
作業サギョウ分解ブンカイ(作業サギョウ定義テイギ) えない作業サギョウオヨ遂行スイコウ手順テジュンのリストアップ
契約ケイヤク完了カンリョウ ・調達監査(成功セイコウ失敗シッパイ事例ジレイ) ・調達チョウタツヒン検収ケンシュウ
契約ケイヤク完了カンリョウ  
プロジェクトの完了カンリョウ ・プロジェクト完成カンセイ記録キロク ・プロジェクト最終サイシュウ検収ケンシュウ ・教訓キョウクン
変更ヘンコウ管理カンリ オートマチックチェンジ
スコープ変更ヘンコウ管理カンリ  
品質ヒンシツ検収ケンシュウ 仕様シヨウ適合テキゴウ
プロジェクト成果物セイカブツ検収ケンシュウ プロジェクト全体ゼンタイ成果セイカ受理ジュリ着目チャクモク
コンティンジェンシー
          予備
「既知の未確定項目」あらかじめリスク事象ジショウ対応タイオウするため用意ヨウイしておく 〔コストとスケジュールベースラインに組み込まれる
マネジメント予備
「未知の未確定項目」不意の事態発生ハッセイした場合バアイ使用シヨウする  〔取り崩しにはコストベースラインの変更が必要〕
迂回ウカイアン 事前ジゼン予測ヨソク特定トクテイ出来デキなかったマイナスのリスクにタイしての対応タイオウサク   〔リスクの監視カンシ管理カンリのOutput〕
図 式ズシキ
名  称メイショウ 内  容ナイヨウ
作業サギョウ順序ジュンジョ設定セッテイツール ・PDM(プレシデンスダイアグラムホウ
・ADM(アローダイアグラムホウ) 
・GEAT(条件ジョウケンダイヤグラムホウ) ・標準ヒョウジュンネットワーク
スケジュール作成サクセイツール
(数理スウリ解析カイセキ)
・CPM(クリティカルパスホウ) [タンイツテン見積ミツモり]
・GERT(グラフィカルエバルエーションアンドレビューテクニック)
・PERT(プログラムエバルエーションアンドレビューテクニック) 
                [3テン見積ミツモり]
スケジュール報告ホウコク ・プロジェクトネットワーク
・バーチャート(ガントチャート)
・マイルストンチャート
フローチャート分析ブンセキ 特性トクセイ要因図(魚骨図)
・システムまたはプロセスフローチャート
QC7つ道具ドウグ ・特性要因図(魚骨図) ・パレート図 ・チェックシート
・ヒストグラム ・散布図 ・コントロールチャート(管理図) 
・グラフ
PMBOK品質管理ツール ・検査 ・コントロールチャート ・パレート 
・統計サンプリング分析 ・フローチャート分析
・傾向分析
   
   
Word
名  称メイショウ 内  容ナイヨウ
利害リガイ対立タイリツ原因ゲンイン ・スケジュール ・プロジェクトの優先ユウセン順位ジュンイ ・資源シゲン 
技術的ギジュツテキ見解ケンカイ ・事務ジム手続テツヅき ・コスト ・個性コセイ
利害リガイ対立タイリツ解決カイケツ ・問題解決/直面 ・妥協 ・鎮静チンセイ ・回避カイヒ ・強制
権威ケンイのタイプ 役職ヤクショクジョウ権威ケンイ ・制圧的セイアツテキ権威ケンイ ・報酬ホウシュウ権威ケンイ 
専門的センモンテキ権威ケンイ ・ウシダテによる権威ケンイ
リスクの対応タイオウサク 回避カイヒ ・転嫁テンカ ・軽減ケイゲン ・受容ジュヨウ
定量的テイリョウテキリスク分析ブンセキ ・インタビュー ・感度カンド分析ブンセキ ・デシジョンツリー ・シミュレーション
リスクの要素 ・リスク事象ジショウ ・リスク発生ハッセイ確率カクリツ ・影響エイキョウ総額ソウガク
コスト見積ミツモ 類推ルイスイ見積ミツモり(トップダウン) ・係数ケイスウ見積ミツモ
積算セキサン見積ミツモり(ボトムアップ) ・コンピュータプログラム利用リヨウ見積ミツモ
PMのリーダーシップ 独裁ドクサイ ・相談ソウダンガタ独裁ドクサイ ・コンセンサス ・株主カブヌシ
   
   
計算ケイサンシキ
名  称メイショウ 内  容ナイヨウ
PV BCWS 予算額 予定ヨテイ作業サギョウ予算ヨサンカガク
AC ACWP 実績額 完成カンセイ作業サギョウ実績ジッセキガク
EV BCWP 出来高 完成カンセイ作業サギョウ予算ヨサンガク
CV EV-AC コスト差異サイ ( 0 < 予算ヨサンナイ )
SV EV-PV スケジュール差異サイ ( 0 < 前倒マエダオし)
CPI EV÷AC コスト実績ジッセキ指数シスウ ( 0 < 効率コウリツい)
SPI EV÷PV スケジュール実績ジッセキ指数シスウ ( 1 < ススみ)
BAC   完成カンセイ予定ヨテイ予算ヨサン
EAC BAC÷CPI 完成時カンセイジ見積ミツモ
ETC EAC-AC 完成カンセイへの見積ミツモ
VAC BAC-EAC 完成時カンセイジバリアンス
     
完成時カンセイジコストの予測ヨソク 発生ハッセイガクコスト+ザン予算ヨサン
発生ハッセイガクコスト+ザン予算ヨサンをコスト指数シスウ(CPI)で補正ホセイ
発生ハッセイコスト+ザン作業サギョウ再見積サイミツモ
完成カンセイ見積ミツモをコスト指数シスウCPI)で補正ホセイ
コストプラスインセンティブ @目標モクヒョウコスト\100,000目標モクヒョウフィー\10,000目標モクヒョウ価格カカク\110,000
  B配分ハイブンリツ B75/25SA実績\80,000
Byer価格→ (@-A)×25%=5,000+10,000+80,000=\95,000-
     
固定コテイ価格カカクプラスインセンティブ @目標モクヒョウコスト\100,000目標モクヒョウフィー\10,000目標モクヒョウ価格カカク\110,000
  C上限価格\125,000B配分ハイブンリツ B75/25SA実績\115000
  (@-A)×25%=△3,750 10,000-37,50=\6,250
Byer価格→ C\125,000-6,250=¥121,250-