KeyWord Point PMBOK Category
BCR (Benefit  Cost  Ratio ) 異なるプロジェクトの利益とコストを比較する方法
1より大きい場合バアイ利益がコストより大きい
BCR =Benefit / Costを表すので、結果が大きい方が評価される
  Planning
GART 条件ジョウケンダイヤグラムホウでループなどの連続的レンゾクテキ順序ジュンジョ関係カンケイ条件ジョウケンケンブン処理ショリ可能カノウ 6.2.2.3 Planning
MBOのステップ ・曖昧でない現実的な目標を設定する
・目標に合致しているかを
定期的に評価する
・必要な
是正策をとる
  initiating
SOW(Statement  of  Work) 契約の下で提供される製品やサービスに関する記述は作業範囲記述という ヨウ42 Closing
WBS スコープのベースライン定義テイギする 5.3.3.1 Planning
アクティブリスニング 聞き手キキテ注意深チュウイブカき、曖昧アイマイなメッセージについては確認カクニンのため質問シツモンをする聞き方キキカタ   Execution
アサイナブルコーズ 差異の原因を決めるため調査を要する管理図上のデータポイント 8.3.2.2 Control
アローダイヤグラム(ADM) 作業サギョウを矢印アラワし、接続セツゾク表示ヒョウジにノード"○"を使ツカ
       
開始カイシ○→○→○終了シュウリョウ 
6.2.2.2 Planning
インスペクション 作業結果が要求事項に合致しているか否かを検証するために行われる測定、試験、テスト等が含まれる
検査は、レビュー、製品レビュー、監査、ウオークスルーなどと呼ばれる
8.3.2.1 Control
迂回ウカイサク(Workaround Plans) 前もって特定(リスク対応タイオウ計画書ケイカクショ)・認識されていなくて発生した、予定されていないリスクに対する対応策 11.6.3.1 Control
外部ガイブ所与ショヨロジック プロジェクト内の作業とプロジェクト外の作業の間の作業順序設定 6.2.1.5 Planning
界面カイメン(インタフェース) 組織ソシキのインタフェース ・技術ギジュツメンのインタフェース ・人間ニンゲンのインタフェース 9.1.1.1 Planning
学習ガクシュウ曲線キョクセン 基本キホンのモデルをパラメータにより変化ヘンカさせて様々サマザマ状況ジョウキョウ適応テキオウできる
※あるコトオコナ回数カイスウ倍増バイゾウさせるタビに、その作業サギョウにかかる時間ジカン規則的キソクテキなパターンで減少ゲンショウする
ESI4-11 Planning
仮定カテイ条件ジョウケン 計画ケイカクてるにあたって「シンである」「現実ゲンジツこる」「確実カクジツこる」と仮定カテイいた条件ジョウケン 4.1.1.5 Planning
完成時カンセイジコスト予測ヨソク ・完成時の予測=既発生コスト+コスト効率指数
・完成時の予測=既発生コスト+すべての残作業に対する再見積り
・完成時の予測=既発生コスト+残予算
7.4.3.4 Control
完了カンリョウ プロジェクト完了カンリョウ手続テツヅ作業サギョウは、重要ジュウヨウかつ有用ユウヨウ情報ジョウホウ欠落ケツラクさせないように、プロジェクトの完了カンリョウまでつことなく、カクフェーズマイオコナことが肝要カンヨウである 10.4 Closing
期待キタイ理論リロン 人間ニンゲンは2つの結果ケッカられれば、さらに成長セイチョウしたいという動機ドウキ
成功セイコウ願望ガンボウヒト自分ジブン努力ドリョクツネ成功裡セイコウリわると期待キタイしている
報酬ホウシュウ願望ガンボウ自分ジブン成功セイコウ報酬ホウシュウムスびつくシンじている
  Execution
教訓キョウクン 実績ジッセキとの差異サイ原因ゲンイン分析ブンセキ結果ケッカ是正ゼセイアン採用サイヨウした理由リユウ 文書化ブンショカ 4.3.3.3 Control
教訓キョウクン 実績ジッセキとの差異サイ原因ゲンイン分析ブンセキ結果ケッカ実際ジッサイ是正ゼセイアン選択センタクした理由リユウ文書化ブンショカ当該トウガイプロジェクトの以降イコウ遂行スイコウ将来ショウライのプロジェクトのための実践ジッセンソクとする 4.3.3.3 Planning
強制キョウセイロジック(ハードロジック) 物理的な制約条件から決まってしまうように、作業間の順序付けが選択の余地なく絶対的なもの 6.2.1.3 Planning
クラッシング
   (作業サギョウ期間キカン自体ジタイ短縮タンシュク)
最小サイショウのコストで期間キカンモット短縮タンシュク出来デキるようにコスト/スケジュールカンのトレードオフをオコナう 〔時間ジカンをコストでオギナ 6.4.2.3 Planning
傾向ケイコウ分析ブンセキ これまでの実績ジッセキから、数理スウリ手法シュホウモチいて将来ショウライのパフォーマンスを予測ヨソクする
作業者サギョウシャ品質ヒンシツ改善カイゼン進展シンテン視覚的シカクテキ増強ゾウキョウする
8.3.2.6 Control
係数ケイスウ積算セキサン 特性トクセイ要因ヨウイン(パラメーター)を数学スウガクテキモデルにんで使ツカう 〔関数カンスウ
学習ガクシュウ曲線キョクセン基本キホンのモデルをパラメータにより変化ヘンカさせて様々サマザマ状況ジョウキョウ適合テキゴウできる ※見積ミツ費用ヒヨウ精度セイド大幅オオハバなばらつきが
7.2.2.2 Planning
係争ケイソウ契約ケイヤク変更ヘンコウ 納入者とプロジェクトチームが変更の補償に関して合意に達していない場合クレーム、係争ケイソウ提訴テイソナドばれる 12.5 Execution
契約ケイヤクプロセス 要求ヨウキュウサイクル、需要ジュヨウサイクル、引合ヒキアイサイクル、契約ケイヤクサイクル、契約ケイヤク完了カンリョウサイクル   Planning
契約ケイヤク文書ブンショ 契約書ケイヤクショ付属書フゾクショフクむ)、契約ケイヤクへの変更ヘンコウ納入ノウニュウシャへの作文サクブン文書ブンショ一式イッシキ納入ノウニュウシャ進捗シンチョク報告書ホウコクショ経理ケイリ書類ショルイ請求書セイキュウショ支払シハラ通知ツウチ)、契約ケイヤクモトづく検査ケンサ報告ホウコクショ 12.6.1.1 PR
検証ケンショウ (スコープ) 当該トウガイプロジェクトの遂行スイコウにより生成セイセイされた成果物セイカブツがプロジェクトの計画ケイカク段階ダンカイ定義テイギされたスコープと合致ガッチしたものとなっているかイナかを検証ケンショウする業務ギョウム
 〔プロジェクト全体の成果の受理に着目〕
5.4 Control
検証ケンショウ (品質ヒンシツ管理カンリ 当該プロジェクトの遂行結果ケッカが、サダめられた品質ヒンシツ基準キジュン適合テキゴウしているかイナかを監視カンシする 〔要求ヨウキュウ事項ジコウへの適合性テキゴウセイ 8.3 Control
コストプラス・インセンティブフィー契約ケイヤク 購入者コウニュウシャ納入ノウニュウシャタイして、契約ケイヤクサダめられた実績ジッセキ発生ハッセイガク支払シハラ
これにクワえて契約ケイヤク合意ゴウイしたパフォーマンス達成タッセイした場合バアイ所定ショテイ利益リエキ(フィー)を支払シハラ
ヨウ13 Planning
コストプラス・固定コテイフィー契約ケイヤク 購入者コウニュウシャ納入ノウニュウシャタイして、契約ケイヤクサダめられた実績ジッセキ発生ハッセイガク支払シハラ
これにクワえて固定コテイガク利益リエキ(フィー)を支払シハラ
納入ノウニュウシャがコストを統制トウセイするにならない
ヨウ13 Planning
コミュニケーション技術ギジュツ プロジェクトパフォーマンスに影響エイキョウオヨぼす事柄コトガラ
情報ジョウホウ要求ヨウキュウ緊急キンキュウ ・技術ギジュツ装備ソウビ ・プロジェクトの期間キカン 
計画ケイカクされているプロジェクトハイインのスキルとの関係カンケイ
10.1.1.2 Planning
コミュニケーション手段シュダン 口頭コウトウ文書ブンショ電子デンシ(E-mail)
口頭コウトウ公式コウシキ会議カイギ、プレゼンテーションナド 非公式ヒコウシキバナシ電話デンワナド
文書ブンショ公式コウシキ報告書ホウコクショ議事録ギジロク合意書ゴウイショナド 非公式ヒコウシキ:メモ、手紙テガミナド
10.2.2.3 Planning
コミュニケーションの障害ショウガイ 遠隔エンカク敵対心テキタイシン技術ギジュツ用語ヨウゴ騒音ソウオン距離キョリ不正フセイ理解リカイ敵意テキイ言葉コトバ文化ブンカトウ   Execution
コロケーション プロジェクトメンバーが同一ドウイツ場所バショ作業サギョウオコナ 9.3.2.4 Execution
コンティンジェンシー予 「既知の未確定項目」と呼ばれるように、計画時に十分定義しきれないような状況に備えて別立てで計上しておく予備費
コストとスケジュールベースラインにまれている
11 Planning
コンテンジェンシー計画ケイカク リスク事象ジショウタイする計画ケイカクされた対応タイオウサク ヨウ10 Control
コントロールチャート (管理カンリ 業務ギョウムプロセスジョウ作業サギョウ結果ケッカ時間軸ジカンジクジョウでグラフィカルにアラワしたもの、当該トウガイ業務ギョウムプロセスが管理カンリされた状態ジョウタイにあるかを見極ミキワめる
プロセスが充分ジュウブン管理カンリされていれば調整チョウセイする必要ヒツヨウはない
Upper Contorol Limit:許容キョヨウ上限ジョウゲン ・ Lower Contorol Limit:許容キョヨウ下限カゲン
Specification Limit:仕様シヨウ限界ゲンカイ顧客コキャク期待キタイ契約ケイヤク要件ヨウケン
8.3.2.2 Control
コンフィグレーションマネジメント
構成コウセイ管理カンリ
・対象品目やシステムの持つ元々の機能や物理的特性を明確化・文書化
・これらの機能に対する変更を統制
・変更の事実とその変更状況を記録し文書化
・変更後の機能や物理的特性が、成果物の基本要求を満たしているか監査
4.3.2.2 Control
査定サテイ見積ミツもり あらかじめ独自ドクジ見積ミツもり作成サクセイして、ハナれた見積ミツもりが提出テイシュツされた場合バアイ適切テキセツでないと判断ハンダンする 「予想コスト」ともばれる→こうなるはずだコスト 12.4.2.4. Execution
実験ジッケン計画法ケイカクホウ試行シコウ設計セッケイ 結果ケッカモット影響エイキョウオヨぼす要因ヨウインナニかを識別シキベツするための手法シュホウ 8.1.2.4 Planning
支払シハラ保証ホショウボンド 一次イチジ業者ギョウシャから二次ニジウケオイへの支払シハラいの保証ホショウ契約者ケイヤクシャ保証ホショウする 11.5.2 Execution
ジャストインタイム 看板カンバン方式ホウシキともわれ在庫ザイコらすアプローチ   Control
償還ショウカン契約ケイヤク 全ての増大に対するリスクは購入者が負う Buyer risk 12.1.2.3 Planning
情報ジョウホウ検索ケンサクシステム 情報は様々な方法によってチームメンバーに共有される。これらの方法(情報検索システム)としては、手作業によるファイリングシステム電子テキストデータベースPMSのほか、図面などエンジニアリング図書にアクセスするシステムがあげられる 10.2.2.2 Execution
進捗シンチョク測定ソクテイベースライン ・進捗度測定ベースラインはプロジェクトの全体管理のために用いられるために、その改訂はまれであり、スコープの変更が生じた時のみ改定を行うのが一般的である
・プロジェクト計画書は、プロジェクトの進行に伴って追加される情報に従い、
逐次改訂される
4.1.3.1 Control
スコープ記述キジュツショ 以降のプロジェクトの意思決定やステークホルダー間のプロジェクトスコープの共通の理解を図るための基礎となる文書である項が明記される事項ジコウ
・プロジェクトの正当性
・プロジェクトの成果物
・プロジェクトのプロダクツ
・プロジェクトの定量的な達成目標
5.2.3.1 Planning
スコープ定義テイギ スコープ記述書で述べられたプロダクツを、次の3 つの観点からより小さな管理可能な構成要素に分解することをさす。
・ コスト、作業所要期間、資源所要量の正確な見積りが可能であること
・ 進捗度測定の基準線を定義できること
・ 当該作業の責任と権限を明確化できること
5.3 Planning
スコープ変更ヘンコウ管理カンリシステム スコープ変更ヘンコウカカわる業務ギョウム手順テジュンシメしたものであり変更ヘンコウカカわる
事務ジム処理ショリ手続テツヅき ・変更ヘンコウ項目コウモク追跡ツイセキシステム ・変更ヘンコウ事象ジショウ承認ショウニンレベル
5.5.2.1 Control
ステークホルダー 主要シュヨウなステークホルダー:
1.プロジェクトマネジャー 2.顧客 3.遂行組織 4プロジェクトメンバー 5スポンサー
2.2 Control
スペシフィケーションの限界ゲンカイ 性能や品質についての顧客の期待、あるいは契約の要件についての限界値を管理図上に示す   Control
スラック(フロート) プロジェクトをオクらせることなく特定トクテイ作業サギョウをどれだけオクらせることが出来デキるか ESI 3-6 Planning
制約セイヤク条件ジョウケン プロジェクトマネジメントチームがクダ選択センタクハバ制限セイゲンクワえる因子インシといえる
ex.予算ヨサンスケジュール契約ケイヤク条件ジョウケン
4.1.1.4 Planning
是正ゼセイサク プロジェクト運営ウンエイにおいて、計画ケイカクのズレがショウじた場合バアイにこれを是正ゼセイし、初期ショキ目的モクテキ達成タッセイけての軌道キドウ修正シュウセイ方策ホウサク 4.3.3.2 Planning
単価タンカ契約ケイヤク(T&M) あらかじめめた役務エキム単価タンカにより実費ジッピ納入ノウニュウシャ支払シハラ
購入者の納入者ともリスクは中
12.1.2.3 Planning
調達チョウタツ監査カンサ そのプロジェクトの今後コンゴ調達チョウタツや、アトのプロジェクトでの調達チョウタツ参考サンコウにするアタイするとオモわれる成功セイコウ事例ジレイ失敗シッパイ事例ジレイ見出ミイダ
契約ケイヤク期間中キカンチュウワルいところはなかったか
12.6.2.1 Closing
直接チョクセツ プロジェクトが100%負担フタンすることが明確メイカク費用ヒヨウ 労力ロウリョク資材シザイ機器キキトウ ESI  Control
沈下チンカコスト(Sunk cost) すでに使ツカってしまったコスト、
将来ショウライコトめるときには考慮コウリョせずに判断ハンダンオコナ
  Control
積上ツミア積算セキサン 作業サギョウ項目コウモクのコストを算出サンシュツしてからそれらを積上ツミアげる 〔WP個々ココ積上ツミアげ〕 
作業サギョウコマかくなれば費用ヒヨウ精度セイドともにアップする 
7.2.2.3 Planning
定額テイガク契約ケイヤク 納入ノウニュウシャ実績ジッセキコストに関係カンケイなく、購入者コウニュウシャ納入ノウニュウシャタイして固定コテイガク支払シハラ
購入者は価格に対するリスクは少く納入者のリスクが大 seller risk
12.1.2.3
ヨウ19
Planning
統合トウゴウテキ変更ヘンコウ管理カンリ ・変更により良好な結果が得られるように、要因に働きかけること
・.変更が実際に発生したことを確認すること
・変更発生時に実際に対処すること
4.2.3.2 Control
トップダウン見積り 類推見積もりとも言う過去の作業や類似作業の実績値を用いて作業の所要時間を推定 6.3.2.1  
任意ニンイロジック スケジュール作成上プロジェクトマネジメントチームの意思で任意に設定できる 6.2.1.4 Planning
ネットワーク プロジェクト作業サギョウ順序ジュンジョ関係カンケイタスク間の依存関係)を図式化ズシキカ
PDM:プレシデンスダイヤグラム  ADM:アローダイヤグラム
6.2.3.1 Planning
パレート ある結果ケッカがどの特定トクテイ要因ヨウインこされるかを原因ゲンイン出現シュツゲンスウオオいものからジュンにバーチャート形式ケイシキアラワす 
80/20の法則ホウソク〕8ワリ原因ゲンインは2ワリ要因ヨウインこされる
8.3.2.3 Control
ハンモック スケジューリングで作業サギョウ集合体シュウゴウタイまたはサマリー   Planning
評価ヒョウカ基準キジュンショ 進捗シンチョク測定ソクテイ基準キジュン設定セッテイした計画ケイカク文書ブンショ完了カンリョウ手続テツヅきのレビューに使用シヨウされる 10.4.1.1 Closing
評価ヒョウカ定量化テイリョウカ 納入ノウニュウシャ選定センテイサイ担当者タントウシャ偏見ヘンケン影響エイキョウスクなくするために定性的テイセイテキなデータを数量化スウリョウカする手法シュホウ 12.4.2.2. Execution
標準ヒョウジュン偏差ヘンサ (P-O)/6     Pは悲観的見積ミツ、Oは楽観的見積   Planning
品質ヒンシツ 顧客満足であるといわれ、顧客満足とは、「指定された仕様に対する適合」と「使用目的に合致した成果物の提供」の組合せ 8.3 Control
品質ヒンシツ管理カンリのツール 検査、コントロールチャート、パレート、統計サンプリング分析、フローチャート分析、傾向分析 8.3.2 Control
品質ヒンシツコスト 品質ヒンシツ計画ケイカク品質ヒンシツ管理カンリ品質ヒンシツ保証ホショウオヨ手直テナオ作業サギョウコスト ヨウ13 Execution
ファーストトラッキング
   (作業サギョウ前倒マエダオし)
作業を一部オーバーラップさせて遂行することによってスケジュールを短縮すること  〔コストをかけず作業の前倒し 6.4.2.2 Planning
フィジビリティースタデ゙ィ- プロジェクトが実施ジッシ可能カノウどうか調査チョウサ研究ケンキュウすること 
げのプロセスで実施ジッシ
2.1.2 initiating
フェーズターミネーションレビュー プロジェクトフェーズの終わりでは通常評価(レビュー)をオコナう その目的モクテキ
・当該プロジェクトを次のフェーズに進めるか否かを決定する
誤りをコストをかけずに発見して適切に訂正する
  Control
適合フテキゴウコスト ・計画 ・トレーニングと享受 ・プロセス管理 ・プロダクトデザインの検証 ・手順の検証 ・テストと評価 ・品質監査 ・メンテナンスと校正 ・検査 ・フィールドテスト ESI 2-4 Control
不適合フテキゴウコスト ・廃棄 ・手直しと修理 ・材料又は在庫の追加 ・保証期間中の修理とサービス ・苦情処理 ・賠償責任の裁定 ・製品リコール ・出張サービス ・迅速な対応 ESI 2-5 Control
ふるい基準キジュン 評価ヒョウカ項目コウモクのうちひとつか複数フクスウ項目コウモクアシきりの基準キジュンモウける(最低サイテイ条件ジョウケン 12.4.2.3. Execution
プレシデンスダイヤグラム(PDM) 作業をノード”□”でアラワサギョウ順序ジュンジョ矢印ヤジルシ"→"でアラワ
       開始□→□→□終了 
6.2.2.1 Planning
フローチャート分析ブンセキ システムを構成する様々な要素がどのように相互関連しているかを示した図 (特性トクセイ要因ヨウインシステムまたはプロセスフローチャート 8.1.2.3 Planning
プロジェクトインタフェース 組織ソシキカンのインタフェース ・技術ギジュツインタフェース ・個人コジンカンのインタフェース 9.1.1.1 Planning
プロジェクト管理カンリシステム(PMS) のプロセスにおける成果物セイカブツ統合トウゴウ集約シュウヤク配布ハイフするための情報ジョウホウ統合トウゴウ手段シュダンであり技術ギジュツである 4.1.2.3 Planning
プロジェクト完了カンリョウ記録キロク プロジェクトの完成カンセイ記録キロク情報はプロジェクト期間中に収集するが、記録としてデータベース化するのは終結のプロセス 10.4.3.1 Closing
プロジェクト記録キロク 連絡レンラク文書ブンショ、メモ、報告書ホウコクショやプロジェクトを記述キジュツした文書ブンショ 〔遂行のプロセス〕 10.2.3.1 Execution
プロジェクト計画書ケイカクショ プロジェクトの実行と管理の両方のガイドラインとして使用される正式に承認された文書
目的
・計画時の仮定や決定を文書化すること
・ステークホルダーのコミュニケーションを促進すること
・承認されたスコープ、コスト、スケジュールのベースラインを文書化すること
項目
プロジェクト憲章 ・プロジェクトマネジメントアプローチ 戦略記述書
スコープ記述書 ・統制が及ぶレベルまで分解が行われているWBS
・統制が及ぶレベルまで分解したコスト見積り、作業開始日、遂行部門割付けなど
・コストとスケジュールの進捗率算出のためのベースライン
・主要
マイルストーンとその日にち ・主要スタッフ
・主要リスク(制約・仮定条件を含む)とその対応策
・各プロセスの成果物の計画書類 ・未決事項
4.1.3.1 Planning
プロジェクトの対立タイリツ関係カンケイ スケジュール>プロジェクトの優先順位>資源>技術的見解>事務手続き>コスト>個性    上位3 つで50 %を占めている。   Execution
プロジェクトの要求ヨウキュウ 市場シジョウ要求ヨウキュウ社内シャナイ業務ギョウムニーズ・顧客コキャク要求ヨウキュウ新技術シンギジュツへの対応タイオウ法的ホウテキ要求ヨウキュウ
maket demand/business need/customer request/
tecnological advance/social need  
5.1 initiating
プロジェクトの達成タッセイ目標モクヒョウ スコープ記述書キジュツショ記載キサイスクなくともコスト、スケジュール、品質ヒンシツメン基準キジュンフク 5.2.3.1 Control
プロジェクトマネジャーの権威ケンイ 地位、報償、罰則、専門、ウシダテ   Execution
プロジェクトマネジャーの真髄シンズイ プロジェクトの事業ジギョウ主体シュタイのプロジェクトの当該トウガイプロジェクトタイする要求ヨウキュウ事項ジコウ期待キタイ充足ジュウソクする、またそれ以上イジョウ成果セイカげるために、最適サイテキ知識チシキ技術ギジュツ、ツールそして技法ギホウ適用テキヨウする
以下イカソウカツする要求ヨウキュウ事項ジコウカン最適サイテキバランスを
スコープ、スケジュール、コスト、品質ヒンシツ
カクソレゾレ優先ユウセンする要求ヨウキュウ事項ジコウ期待キタイコトなる、ステークホルダーカン
明示的メイジテキ要求ヨウキュウ事項ジコウ暗黙アンモク期待キタイカン
1.3 Control
プロジェクトマネジャーの責任セキニン 計画ケイカク組織ソシキ指導シドウ、コントロール   Execution
プロジェクトマネジャーの組織ソシキ構造コウゾウ 機能型キノウガタ < マトリックスガタ < プロジェクトカタ 2.3.3 Execution
プロジェクトマネジャーの対立タイリツ解消カイショウホウ 強制キョウセイ撤退テッタイ協調キョウチョウ妥協ダキョウ問題モンダイ解決カイケツタイ   Control
プロジェクトマネジャーのリーダーシップ 指示シジ ・促進ソクシン ・支援シエン ・指導シドウ   Execution
プロジェクトマネジャーの選任 げのプロセスにて 5.1.3.2  
プロジェクト型組織 完全なプロジェクト型で行う組織形態であり、主要メンバのすべて、または多くがプロジェクトマネジャの下に完全に属して業務を行う。プロジェクトの運営面では、最も理想的な形式である。 2.3.3 Planning
ベースライン 予算ヨサンベースライン・スケジュールベースライン・進捗シンチョクベースライン 4 Planning
変更ヘンコウ管理カンリシステム 承認済みの正式文書を変更する際の手順を記した
・手順書、変更追跡システムや変更要求書の認可に必要な許可基準等が含まれる
・多くの変更要求の
承認と却下の権限
・事前承認が取れないような
緊急の変更対処法
4.3.3.2 Control
変更ヘンコウ要求ヨウキュウ 口頭もしくは文章、直接指示もしくは間接指示、外部からの要求もしくは自組織内部からの要求、法的な強制もしくは自発的変更 5.5.1.3 Control
変更ヘンコウ要求書ヨウキュウショ(契約) 契約ケイヤク条件ジョウケンへの変更ヘンコウ調達チョウタツヒン内容ナイヨウへの変更ヘンコウ
納入者の
業務遂行が不満足な場合の契約の打ち切りナド
12.5.1.3 Execution
ベンチマーク手法シュホウ 品質改善のアイディアを創出したり実績を評価する標準尺度を設定するために、他のプロジェクトで実行された模範となる手法と当該プロジェクトの実施または計画手法を比較することである 8.1.2.2 Execution
変動ヘンドウ管理カンリでの差異サイ ・ランダム変動 ・予見可能な変動 ・プロセスに常時存在する変動    
ボトムアップ見積ミツモ
積上ツミア積算セキサン
個々ココ作業サギョウ項目コウモクのコストを積算セキサンしてから、個々ココ見積ミツモりを積上ツミアげてプロジェクトのソウコストを算出サンシュツ (ワークパッケージ個々ココ積上ツミアげ) 7.2.2.3 Planning
マクレガーのX 理論とY 理論 人間の行動を本能によって分類しており、管理者の目から見て労働者のタイプを次の2 つに分けている。
 X 理論:人間は本質的に仕事が嫌いであり、強制や命令を常に行わなければ、十分な力を発揮することはできないとする考え方である。
 Y 理論:人間は
本来勤勉であり、納得できる目標や興味を持つような仕事を与えれば、自ら率先して問題解決に努力し、自己責任を持つとする考え方である。
ESI 6-11 Execution
マズローの欲求ヨッキュウ5ダンカイセツ 生理的セイリテキ欲求ヨッキュウ>安全アンゼンへの欲求ヨッキュウ>社会的シャカイテキ欲求ヨッキュウ>尊厳ソンゲン欲求ヨッキュウ>自己ジコ実現ジツゲン欲求ヨッキュウ   Execution
マトリックス組織ソシキ 仕事上の指示・命令を行うプロジェクトマネジャ人事面での指示・命令をする所属部門の長が存在する。両者の意見が食い違うときはどちらの意見に従うべきかの問題が発生する。 2.3.3 Execution
マトリックス組織 特別な技能を有する要員を活用しやすい、
要員(リソース)を集め易い、変化に対応し易い、
コミュニケーションの問題も少ない等々の利点がある。
2.3.3 Planning
マネジメント予備 「未知の未確定項目」と呼ばれるように、計画時点で特定できないような状況に備えて別立てで計上しておく予備費
クズしにはコストベースラインの変更ヘンコウ必要ヒツヨウ残存ザンゾン作業サギョウ比例ヒレイして減額ゲンガク
11 Planning
予防ヨボウ検査ケンサ 予防ヨボウ業務ギョウムプロセスから欠陥ケッカンノゾ
検査ケンサ顧客コキャク手元テモト欠陥ケッカンまない
検査は、レビュー、製品レビュー、監査、ウオークスルーなどと呼ばれる
8.3 Control
ライフサイクルコスト 取得シュトク運転ウンテン廃棄ハイキ ヨウ23 Planning
ラグタイム 後続作業の開始を所定期間だけ遅らせることが出来デキる期間の数値
たとえば、終了—開始関係で10 日のラグとは、後続作業は先行作業が終了して10 日経たないと始めることができない
ESI 3-6 Planning
リーダーシップスタイル 独裁者(Autocratic ):
  情報の提供も要請することなく、自身で決定を行う
相談型独裁者(Consultative  autocrat ):
  チームメンバに対して強く情報の提供を要求するものの、決定の
  権限は保持する
合意型(Consensus  manager ):
  グループで討議するため問題をオープンにし、グループが適切な
  決定をするように仕向ける
株主型(Shareholder  manager ):
  粗末なマネジメントであり、グループは最終決定に対して究極の
  権限を持っているが、グループ内の情報はほとんど入らないし、
  交換も行われない。
  Execution
リードタイム 順序設定の中で、後続作業を早めるために作業をオーバーラップさせる期間のことをいう ESI 3-6 Planning
利害リガイ対立タイリツ 問題モンダイ解決カイケツ/対峙タイジ(直面)、妥協ダキョウ撤退テッタイ調停チョウテイ強制キョウセイ    
履行リコウ保証ホショウボンド 一次イチジ業者ギョウシャ契約ケイヤク実行ジッコウ保証ホショウし、実行ジッコウできないときは保証金ホショウキン支払シハラ 11.5.2 Execution
リスクの金額キンガク評価ヒョウカ 発生ハッセイ確率カクリツ発生ハッセイ影響エイキョウガク 11.2.2.1 Execution
リスクの対応タイオウサク 回避カイヒ原因ゲンインノゾく〕 転嫁テンカ他者タシャへリスクをウツす〕 軽減ケイゲン発生ハッセイ確立カクリツとインパクトをげる〕 受容ジュヨウ〔このままだと100のリスク対応タイオウすれば200かかるのでほっておく〕 11.5.2 Execution
類推ルイスイ見積ミツ トップダウン見積ミツもりとも過去の作業や類似作業の実績値を用いて作業の所要時間を推定 6.3.2.1  
ルールオブ7 (七の法則) 作業結果が7 つ以上続けて正の側(または負の側)に出るような場合、何か特定の要因があり不適合と判断する方法   Control
ローリングウエーブ プロジェクトの現行ゲンコウ段階ダンカイ今後コンゴ段階ダンカイ成功セイコウさせるために、進行シンコウしながらプロジェクトの計画ケイカク詳細化ショウサイカしていくこと 3.2 initiating
完成予測コスト(EAC) ・EAC=AC + remaining PV
  (完成予測コスト=既発生コスト+残りの価格差異)
・EAC=AC + remaining BAC/CPI
  (完成予測コスト=既発生コスト+残作業の再見積り/コスト効率指数)
・EAC=AC + remaining BAC
  (完成予測コスト=既発生コスト+残作業の総完成コスト見積り)
   
機能型組織 従業員が専門機能別に階層構造で配置された組織構造。個々の従業員は一人だけの上司を持つ階層組織構造である。スタッフは専門性でグループ化される。機能型組織もプロジェクトを運営するが、認められるプロジェクトのスコープは、組織間の境界線までという限定がある。 2.3.3 Planning
業務遂行裁可システム プロジェクト遂行における各作業を所定のスケジュールで正しい手順に則り実施することを認可する手順 4.2.2.3 Execution
進捗報告 ステークホルダーに対して、プロジェクトの目的を達成するために資源がどのように費やされているかを報告するために、進捗情報を収集・配付するもの 10.3 Control
定額請負契約 明確に定義された調達対象に対して一括固定価格を協定する形態である 12.4.3.1 Planning
報告書 報告書はいろんなステークホルダー必要とする情報を提供するコミュニケーションツールであり、要求のレベルによって次のようなのがある。
状況報告書(Status  Report ):プロジェクトが現在どこにあるかを記述する
進捗報告書(Progress  Report):何を達成したかを記述する
傾向報告書(Trend  Report ):パフォーマンスが改善されているか、悪くなっているかを観るため、常時プロジェクトの結果を検討している
予測報告書(Forecasting  Report ):将来のプロジェクトの状況と成果を予測する
差異報告書(Variance  Report ):予定に対して実績を比較する
出来高報告書(Earned  Value ):プロジェクトの成果を検討するためスコープ、コスト、およびスケジュールを統合的に測定する
  Execution