PMP試験体験談その4

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
     
     会場等について
      ・「TOEFL」と案内は出ていますが、その下に小さく「PMP」と書いてありました。
      ・パスポート、ハンカチ、時計、目薬を持ち込みました。
      ・試験は一斉開始ではなく、個々に開始し、終了します。
      ・同じ部屋でも隣の人は(たぶん)別の試験を受けているようです。
       (キーボードをたたいていました)
      ・メモ用紙をもらいますが、3色あり(青、黄、ピンク)色が蛍光色で目が痛くなります。
       使わないときは見えない場所に置いておきました。
      ・トイレに行きましたが、誰もついてきませんでした。
      ・画面の右上に「残り時間」が表示されます。
      ・後で確認したい問題はマーキングをつけられますが、特に重要なものは紙に番号を
       控えておくことを勧めます。
     

     試験の構成
      1.チュートリアル(15分)
      2.試験(200問 4時間)
      3.アンケート(5問)
     

     問題の感想
      ・始めて見るような問題が多いと感じた。
      ・ネットワーク図の問題は添付図(別ウインドウ)を参照するが、同じ図を使った問題が
       2〜3回出てきます。紙に(丁寧に)書いて残しておくと便利
      ・長い問題が結構多く、同じような設定での問題が何問かあった。
      ・アーンドバリューに関しては、BCWP・・とういう表現が主体でしたが、1問だけ2000年
       版表記のEV、PV、ACという表現でした。